本紹介(『対象喪失』) §117

アクセスありがとうございます。
九鬼トシユキです。
今回の記事は、
本の紹介です!
小此木啓吾『対象喪失』(中公新書)
読んだ感想として、
一言で言えば・・・
現代人は、
十分な時間、
悲しむことが許されない・・・
本来人間は、
数々の悲しみを経験するも、
時間をかけて、
乗り越えてきたのかもしれません。
つまり悲しむことは、
「対象」を「喪失」したとき、
自分自身が崩れないため、
自分を保つための反応です。
そして「対象」とは、
誰にでも起こる、
学校の卒業や退職や人の死、
そういう、
避けられないことです。
単に、
ネガティブ感情で起こるようなものとは、
別物だと思います。
末筆として・・・
面白い!
しかし難しかった(笑)
お読みいただき、
ありがとうございました。
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村