苦手を好きにする §152

九鬼トシユキです。
多くのアクセス、
いつも感謝感謝です。
ありがとうございます。
私は掃除が苦手です。
苦手というよりできない。
しかし、
苦手やできないと言うだけで、
部屋がキレイになることは…
絶対にない(笑)
そうなんです。
部屋がキレイになるには、
私自身が掃除を好きになるしかありません。
そもそも、
なんで私は掃除が苦手なのかを考えると…
今までの自分の中に、
面倒とか、大変とか、時間がかかるとか、
掃除に対して悪いイメージしかないからです。
そこを変えるには…
悪いイメージは私の過去が作りだした記憶なので、
未来の自分が、
掃除の良さや楽しさを知れば良い。
そのためにはです、
掃除の良さだけを見つめて今行動する!
とまぁ、
こんな作戦を立てまして、
己の改造計画!
「掃除を好きになる!」
作戦が去年から始まり、
今も実施中です。
まずは意識から。
物に対する意識です。
掃除が苦手なのは、
これは後で使うだろう…
これは捨てられないなぁ…
という執着。
結局は要らないものなんです。
それなのに、
変な執着があるから捨てられずに散らかる。
この執着の壁を、
薄く薄くしていく必要があります。
この壁が私の場合、
分厚く分厚く、
毎日叩き壊してます。
部屋の中にあるゴミを、
自分自身の中にあるゴミと置き換えて、
ぽいっと捨てます。
すると、
不思議と体が軽くなり、
背筋がピンとなります。
今はカレンダーにチェックをし、
目に見える形で、
ごみ捨てしてます!
苦手意識の克服では、
『未来記憶』という本から・・・

掃除に対する意識が変わったのは、
『人生がときめく片づけの魔法』という本から・・・

それぞれ刺激を受けました。
ありがとうございます。
お読みいただき、
ありがとうございます。
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村