皆川広照という男(栃木城) §164

2014072117150000.jpg

九鬼トシユキです。
今回は、
「栃木城」を取り上げてみます。
栃木城は皆川氏の居城で、
栃木県栃木市城内町にあります。
皆川氏の中で、
名君として名を轟かせる、
皆川広照による築城、
そして広照の居城です。
皆川氏は代々、
皆川城という立派な城を居城としてましたが、
1590年、
豊臣秀吉に降って以来、
この栃木城へと移ります。
1590年と言えば…
秀吉が小田原城の北条氏を攻めた年で、
皆川氏は北条氏につくものの、
すぐ秀吉に降伏します。
築城年に関しては、
秀吉に降ってからとするものが一般的です。
ところが、
栃木城は既にあったという見方もあります。
それは、
1570年代の中頃、
栃木県南部に北条氏の勢力が入り込んでくると、
広照は防備を固めます。
この時に築いたのが、
栃木城であったというものです。
これらは築城背景が異なってきます。
つまり…
皆川城は秀吉軍の攻撃に落城し、
代わりに栃木城を築いたというもの。
その一方で、
北条氏に対抗するために栃木城は築かれ、
1590年の時には既に存在していたというもの。
余談ながら、
広照の降伏は実に早かった。
小田原城へと入城した広照ですが、
その前から秀吉に降伏する準備ができていたのか?
と思われるほどです。
そうなると皆川城は、
城を変えねばならぬほどの秀吉軍の猛攻を受けたのかな?
という疑問も起こります。
もう1つおまけとして…
皆川広照は秀吉に従いましたが、
北条氏の後に関東に入ったのは徳川家康。
広照は秀吉の下で独立した領主ではなく、
家康の家臣に加えられたようです。
皆川広照という男は、
徳川家康や豊臣秀吉はもちろん、
織田信長にも馬を贈って交流を持っています。
栃木県の武士達の中で、
少し異質の感じがするのは、
栃木県外での活動が目立つからかもしれません。
今回もアクセスありがとうございます。
お読みいただき、
ありがとうございます。
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
栃木城
にほんブログ村 歴史ブログ