9月は7冊 §166

九鬼トシユキです。
多くのアクセス、
いつもありがとうございます。
9月の読書は以下の7冊。
『天才数学者、株にハマる』ジョン・アレン・パウロス
『ローマ人の物語 (3)』塩野七生
『金融史がわかれば世界がわかる』倉都康行
『ヤル気の科学』イアン・エアーズ
『幕末下級武士のリストラ戦記』安藤優一郎
『質問力』斎藤孝
『松陰と晋作の志』一坂太郎
今回は、
『幕末下級武士のリストラ戦記』
を紹介します。

幕末、
将軍を守る役目の武士「御徒」であった山本政恒。
山本政恒は自分史を書き残し、
その自分史を基にしながら、
筆者が幕末の様子を紐解いています。
江戸時代から明治時代へ変わったことは、
凄まじいほどの転換です。
山本政恒のような徳川将軍家の直臣は、
一夜にして失業者…
失業者となってしまった直臣は、
一体どうやって生き延びたの?
という疑問は、
勝者によって作られる歴史の中では、
答えのヒントすら得難いほど、
なかなかの難問です。
直臣と言っても、
下級武士であった山本政恒が、
細かく自分史を書き残したことは、
必死になって生き抜いた記録でありながら、
当時の様子を今に伝える貴重な情報源です。
今日もありがとうございます。
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村