将軍の宿(壬生城) §183

2015012914510000.jpg

九鬼トシユキです。
栃木県下都賀郡壬生町にある「壬生城」は、
中世では壬生氏の城。
壬生氏滅亡後も廃城にはならず、
江戸時代も壬生城は健在です。
しかも、
徳川将軍家にとって、
かなり重要な城となっています。
将軍が日光東照宮へお参りする際、
行きは3泊4日で江戸から日光へ。
帰りも3泊4日で日光から江戸へ。
日光社参は、
そういう行程で行われる一大イベント。
その際、
将軍が宿泊する城は、
岩槻城、古河城、宇都宮、そして壬生城。
この4城がありました。
より詳しく書くと…
行き帰りでルートが若干異なります。
行きは岩槻城、古河城、宇都宮城と、
宇都宮の方から日光へ。
帰りは壬生城か宇都宮城、そして古河城、岩槻城と、
壬生の方から江戸へ帰るルートもありました。
つまりこの4城には、
将軍が日光社参の際、
本丸御殿が設けられまして、
それはそれは…
本丸御殿というのは、
将軍以外は立ち入りなんてとてもできない、
別世界の空間です。
今は普通にその場に立てますので、
なんだか不思議な感覚ですね!
今日もありがとうございます。
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
壬生城
にほんブログ村 歴史ブログ