宇都宮氏と執権北条氏 §258

九鬼トシユキです。

栃木県立博物館で10月29日まで、
「中世宇都宮氏」展が開催されていました。

宇都宮氏というのは、
時の権力者、執権北条氏と強い繋がりがあります。
少し見てみましょう。

鎌倉時代の宇都宮氏の奥さんを見てみると、
5代頼綱‐北条時政の娘
6代泰綱‐北条朝時の娘
7代景綱‐安達義景の娘
8代貞綱‐北条長時の娘
9代公綱‐千葉宗胤の娘

北条時政は初代執権、
北条朝時は2代執権義時の子、
北条長時は6代執権です。
安達義景と千葉宗胤は有力御家人。
安達義景の妻は時政の孫で、
千葉宗胤は時政の玄孫でもあり、祖母の義兄弟が安達義景。
ちなみに6代執権北条長時、
この人物の曾孫が足利尊氏の妻になります。

足利氏も見てみましょう。

2代義兼‐北条時政の娘
3代義氏‐北条泰時の娘
4代泰氏‐北条時氏の娘
5代頼氏‐北条重房の娘(側室)、北条時盛の娘(正室)
6代家時‐北条時茂の娘
7代貞氏‐上杉頼重の娘(側室)、北条顕時の娘(正室)
8代尊氏‐北条久時の娘

宇都宮頼綱と足利義兼は妻を通して義兄弟なんですね!
足利氏も北条氏の繋がりが非常に強いです。
そして上杉氏の名前も見え、
この子孫があの上杉氏になっていきます。

今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村 歴史ブログ