本 読書 」タグアーカイブ

『タテ社会の人間関係』(本紹介) §206

九鬼トシユキです。
今回は本紹介。
中根千枝『タテ社会の人間関係』講談社現代新書

日本社会における、
日本人の対人感覚を、
見事に考察し、
そんな感覚は特に意識したことないが…
言われてみれば確かにその感覚を持っている!
と、
我々日本人が持っている主観的な感覚を、
本書を通して客観的に見つめることができます。

まず、
タイトルにある通り、
日本人の対人関係はタテ社会です。
人間関係を構成するものとして、
「場」と「資格」があり、
場がタテ関係を生み、
資格がヨコ関係へと展開していきます。
場は、
会社とか家族親族など、
人が属するものです。
一方の資格は、
同じ肩書きを持つ人です。
場の内部である人同士、
例えば会社内部でも同じ社員同士は、
同じ肩書きなのでヨコ関係になります。
ところがです。
日本人の特徴として、
仕事ができるできない、勤務年数云々など、
上下関係を自然と意識してしまいますので、
場の内部でタテ関係が生まれます。
また、
日本人は所属意識が強い傾向にあります。
そのために、
同じ場であれば、
「うちのもの」となり、
その人間関係は非常に強い!
同じ場に属する「うちのもの」に対して、
他の場に属する人は「そとのもの」になるために、
場と場の交流が生まれづらい。

本書は、
1967年に出版されたものです。
当時と今とでは、
身の回りのものや生活スタイルが変化していますが、
変わらない部分もあります。
対人感覚でいうと、
このタテ関係が変わらない部分で、
昔から変わらず日本人が持っているものです。
どんなものでも一長一短あるので、
場面場面によっては弊害になってしまう点もあります。
それでも、
日本人が持っている感覚を、
客観的に見つめてみると、
それぞれ学ぶ点は大いにあるでしょう。
今日もありがとうございます!
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村

『終戦のエンペラー』(本紹介) §188

九鬼トシユキです。
今回は本紹介。
『終戦のエンペラー』
1945年8月15日。
太平洋戦争が終わり、
日本はGHQの占領下に…
その後、
東京裁判が開かれました。
東京裁判で、
昭和天皇は戦争責任なしとして、
訴追されていません。
ところが、
昭和天皇の戦争責任問題は、
大きな大きな問題であり、
昭和天皇に責任を求める声は多かった…
この昭和天皇の戦争責任問題は、
天皇という存在、
天皇と日本、
日本人にとっての天皇。
そういう問いにも繋がってきます。
もっともこの感覚は、
日本人にしか分からないかもしれません。
『終戦のエンペラー』の主人公の1人、
マッカーサーの部下ボナー・フェラーズは、
昭和天皇の戦犯回避に動いた人物です。
日本に精通していた彼は、
天皇や日本人についてを調べ、
マッカーサーに大きな影響を与えています。
そのフェラーズには、
戦前から親交のあった日本人がいました。
本書のもう1人の主人公、
女性教育者の河井道です。
フェラーズは、
昭和天皇の戦犯回避に向け、
河井道を通して、
天皇についてをより深く知ろうとします。
つまりは、
日本人が抱く天皇についての感覚というものを、
フェラーズは河井道を通して知ろうとしました。
『終戦のエンペラー』は、
昭和天皇の戦犯回避において、
フェラーズと河井道の存在があった。
その歴史の裏舞台を教えてくれる、
ノンフィクション物語です。

今日もありがとうございます!
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村 歴史ブログ