栃木 歴史」タグアーカイブ

栃木県との歴史繋ぎ§136

九鬼トシユキです。
本日もアクセス、
誠にありがとうございます。
「栃木県との歴史繋ぎ」
最近よく、
歴史を学びながら、
頭の中で、
自然とやっている遊びです。
どういうものかと言うと…
歴史は、
繋がりがありますから、
ある歴史的な出来事、
ある歴史人物、
それらを栃木県と結びつけます。
例えば…
今年の大河ドラマの「軍師官兵衛」だと…
官兵衛は豊前(福岡県)に、
領地をもらいます。
その地にいたのは、
城井(きい)氏。
城井氏は豊前宇都宮氏。
豊前宇都宮氏は、
栃木県宇都宮市を拠点にしていた、
宇都宮氏の分家です。
また、
官兵衛の子長政(松寿丸)は、
関ヶ原の戦い前、
栃木県小山市で行われた、
「小山評定」
に参加しています。
もう1例…
昨年の大河ドラマ「八重の桜」では…
西田敏行さんが演じた、
「西郷頼母(たのも)」
を例にすると…
2代将軍秀忠の母は、
「西郷局」
と言い、
西郷氏の女性です。
この西郷氏の同族が、
西郷頼母になります。
さらに西郷氏の中には、
栃木県下都賀郡壬生町上田で、
藩を持った人物がいます。
会津藩と言うことで、
新選組はどうでしょう?
土方歳三は、
戊辰戦争の時に、
宇都宮城を攻撃しています。
その際に、
足を負傷してるんです。
このように、
栃木県との歴史繋ぎの例を出すと、
枚挙に暇がありません。
こういうことをしながら、
より深く歴史を学び、
自分の出身地と結び付きがあるのを知り、
より歴史を身近に感じる。
それが、
歴史を学ぶ楽しみの1つです。

お読みいただき、
ありがとうございます。
☆フォーチュン九鬼☆
「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村 歴史ブログ