聖の青春」タグアーカイブ

本紹介『聖の青春』 §262

九鬼トシユキです。

今回は久しぶりの本紹介。

大崎善生『聖の青春』(角川文庫)

今年は将棋の話題が盛り上がりました。
さて、
村山聖というプロ棋士をご存じでしょうか?

村山聖さんは羽生善治さんと同世代の棋士、
「東の羽生 西の村山」
と称されるほど物凄く強い棋士でした。

『聖の青春』は、
その村山聖さんを描いたノンフィクション小説です。

この本を知る少し前、
病を抱えながら強い棋士がいたことを知りました。
その時は残念ながら名前までは覚えられず、
『聖の青春』の存在を知ってから、
病を抱えた棋士=村山聖さんと認識しました。

村山聖さんは幼い頃、
ネフローゼ症候群という腎臓の病を発症し、
その病を抱えながらの棋士生活を送ります。

実は、
棋士は将棋を指すだけで、
ものすごく体力を使っています。
脳の消費するエネルギーが凄まじく、
将棋を指すだけで体重が減るようです。

少し疲れると体調が悪化してしまい、
倒れてしまう村山聖さんの棋士生活はまるで、
将棋を指す行為が自ら命を縮める行為でもあるかのようです。
それでも村山さんの将棋は恐ろしく強いんですから、
読んでいて胸が熱くなります。

1998年8月8日、
村山聖さんは膀胱癌で亡くなりました。
29歳。

今日もありがとうございます!



「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/
にほんブログ村