宇都宮頼綱の子供1

九鬼トシユキです。

宇都宮頼綱の子供たちの関係図を作ってみました。

宇都宮頼綱は宇都宮氏5代目。
男の子供は泰綱、時綱、頼業、宗朝。

時綱の母は小山田(稲毛)重成の娘。
そして重成は北条時政の娘を妻としています。
北条時政の娘を妻としているのは宇都宮頼綱も同じで、
両者の間に生まれた泰綱が宇都宮氏6代目になります。

時綱は、
1247年に三浦氏と北条氏が争った宝治合戦の際、
三浦氏側に味方して鎌倉の法華堂で自害。
法華堂は源頼朝の墓所でもあるため、
三浦氏の武将達は頼朝の前で死のうと法華堂で散りました。

頼業と宗朝の母は梶原景時の娘。
頼業は横田氏の祖となり、
宗朝は多功氏の祖となります。

ちなみに横田氏は氏族が多いです。
頼業の名前をよく見ます。

次は女の子供の方を書きます。



今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ

宇都宮頼綱の子供1」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 宇都宮頼綱の子供2 | 九鬼の響き

コメントは停止中です。