2018年6月11日

栃木県の伝統工芸品、
歴史の中で有名なものと言えば、
佐野市の天明鋳物かもしれません。

「古天明平蜘蛛」

松永久秀が所有し、
信長が欲しがった平蜘蛛。
信長の手に渡すのを拒んだ久秀が、
爆薬を平蜘蛛に詰めて自爆死したと言う話は、
戦国時代好きならば、
一度や二度や三度も聞いたことがあるはずです。

その平蜘蛛が、
佐野市の天明鋳物。

その他にも、
信長が柴田勝家に与えた茶器、
「天猫姥口釜」
天猫は「てんみょう」と読み、
これも佐野市の天明鋳物です。



今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村

栃木県
上田藩主西郷寿員

江戸時代の壬生町は、壬生藩の他に、2年に満たないわずかばかりの期間ですが、上田藩も存在しました。 上 …

栃木県
戦国時代の芳賀氏まとめ

宇都宮家の重臣である芳賀氏。宇都宮家の歴史を通して、登場する芳賀氏の数は非常に多いです。 私自身、戦 …

栃木県
白旗を賜る紀清両党

宇都宮氏の重臣に、 益子氏と芳賀氏がいます。 益子氏は紀氏出身、 芳賀氏は清原氏出身、 紀氏の「紀」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。