雨乞いの龍(栃木県下野市小金井)

栃木県

九鬼トシユキです。

とちぎテレビで放送されている「テレビ民話語り」で、
栃木県の民話が紹介されています。

民話の舞台が、
今でも残っていることが多くあることを知ってから、
民話にも少し興味を持ってきました。

栃木県下野市小金井にある「慈眼寺」は、
徳川将軍家が日光社参を行う際の休憩所に使用され、
徳川家から2匹の龍を賜りました。

小金井で日照りが続いた時、
雨を願う村民の願いを聞き入れた慈眼寺の住職が、
タライに水を入れ、
2匹の龍を浮かべて祈り始めました。

祈っても祈っても雨が降らない。
諦めかけた時、
タライの水が波を立てて、
雄の龍が天に向かって飛んで行きます。

すると黒雲が現れ、
雷ととともに大雨が降り出しました。

その後、
天に向かった雄の龍が戻ることはなく、
残った雌の龍だけが、
今でも慈眼寺に祀られていると言います。

慈眼寺には葵の紋があります。




今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ

栃木県
上田藩主西郷寿員

江戸時代の壬生町は、壬生藩の他に、2年に満たないわずかばかりの期間ですが、上田藩も存在しました。 上 …

栃木県
戦国時代の芳賀氏まとめ

宇都宮家の重臣である芳賀氏。宇都宮家の歴史を通して、登場する芳賀氏の数は非常に多いです。 私自身、戦 …

栃木県
白旗を賜る紀清両党

宇都宮氏の重臣に、 益子氏と芳賀氏がいます。 益子氏は紀氏出身、 芳賀氏は清原氏出身、 紀氏の「紀」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。