白旗を賜る紀清両党

栃木県
宇都宮氏の重臣に、
益子氏と芳賀氏がいます。
益子氏は紀氏出身、
芳賀氏は清原氏出身、
紀氏の「紀」と清原氏の「清」から、
2家は「紀清両党」と呼ばれ、
宇都宮氏には欠かせない存在です。
 
文治5年(1189)源頼朝が奥州藤原氏を攻めた際、
宇都宮朝綱に従って出兵した「紀清両党」の益子正重と芳賀高親は、
功績として頼朝から、
領地を与えるほどではないが、
ということで、
頼朝の旗である白旗を下賜され、
子孫代々の誉れとするようにと言われました。
 
 
益子氏、芳賀氏は、
宇都宮氏よりも早くから栃木県に土着しています。
宇都宮氏の初代である藤原宗円が、
「前九年の役」の功績により、
宇都宮大明神(宇都宮二荒山神社)のトップに就いた後に、
益子氏と芳賀氏は宇都宮氏に従うようになります。
 
 
益子氏の系図を見ると、
益子正隆の娘が八田宗綱の母であることが分かり、
益子氏と宇都宮氏は、
非常に強い関係にあったことが分かります。
 
ちなみに宇都宮氏の初代が藤原宗円、
八田宗綱は宗円の養子となって跡を継ぎ、
宗綱の実子朝綱から「宇都宮」を名乗るようになります。
 
続いて芳賀氏の系図を見ると、
芳賀高親の母が紀家忠の娘と記されています。
おそらくこの紀氏は、
益子氏と同族と思われますが、
紀家忠なる人物を見つけられませんでした。
 
また、
数代遡ってみると、
芳賀高澄の娘が益子正隆に嫁いでいます。
益子正隆と言えば、
その娘(芳賀高澄の娘との子かは分かりません)が八田宗綱の母です。
 
宇都宮氏・益子氏・芳賀氏というのは、
既に宇都宮朝綱の段階で益子氏を中心として、
3家が婚姻関係にあることが見えてきます。
 
 
-----------------------―------
 
さて、
以下では源頼朝の奥州藤原氏攻めについて。
 
源平合戦に勝利した源頼朝は、
弟の源義経と対立し、
その義経が逃亡した先が奥州藤原氏です。
 
義経を迎え入れた藤原秀衡は、
間もなく亡くなってしまい、
跡を継いだのが泰衡。
頼朝は泰衡に義経の身柄を引き渡すよう圧力をかけ、
また頼朝は義経追討の準備を進めていました。
 
文治5(1189)閏4月30日、
泰衡は義経を攻めて自害へと追い込み、
義経の首を鎌倉に届け恭順の意を示しましたが、
既に戦準備を整えている頼朝は、
7月19日に奥州へ向けて鎌倉を出発します。
 
頼朝は軍を大手軍・東海道軍・北陸道軍の3軍に分けました。
大手軍は頼朝が率いて、
栃木県を通って奥州へ。
東海道軍は茨城県の方から太平洋沿いで奥州へ。
北陸道軍は群馬県から新潟県へと出て日本海沿いで奥州へ。
 
7月29日に白河を越えた頼朝軍は、
8月8日に福島県国見町辺りで行われた「阿津賀志山の戦い」に勝利、
8月12日には陸奥国府多賀城へと入り、
8月22日に平泉を陥落させました。
 
            
宇都宮朝綱と「紀清両党」が加わったのは頼朝の大手軍で、
白旗を賜った功績を挙げたのが、
「阿津賀志山の戦い」でのことです。
 
 

 


今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
https://tochigi-burg.com/

栃木県
上田藩主西郷寿員

江戸時代の壬生町は、壬生藩の他に、2年に満たないわずかばかりの期間ですが、上田藩も存在しました。 上 …

栃木県
戦国時代の芳賀氏まとめ

宇都宮家の重臣である芳賀氏。宇都宮家の歴史を通して、登場する芳賀氏の数は非常に多いです。 私自身、戦 …

栃木県
栃木県発祥の小野寺氏

栃木県栃木市岩舟町小野寺。 全国の小野寺さん発祥の地はここだ! ということで、 小野寺氏がかつてここ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。