栃木県発祥の小野寺氏

栃木県
栃木県栃木市岩舟町小野寺。
全国の小野寺さん発祥の地はここだ!
ということで、
小野寺氏がかつてここにいました。
 
小野寺氏の成り立ちを調べると、
非常に興味深いものがあります。
 
 
まず、
小野寺氏というのは藤原秀郷の子孫です。
そして、
公清は「佐藤」を名乗り、
その佐藤公清が養子として迎えたのが助清(資清)。
助清の出自は守部氏で、
守部氏は藤原師尹の流れをもっているようですが、
どういう経緯で養子となったのかは分かりません。
助清は「首藤」(すどう)を名乗り、
この首藤氏の流れをくんだ義寛が、
戦功によって小野寺を与えられたことで、
三河(愛知県)から移住してくると。
 
 
ちょっと複雑です。
 
小野寺氏というと、
「信長の野望」などのゲームで登場する人物がいます。
それが仙北小野寺氏。
栃木県の小野寺氏から枝分かれし、
秋田県の横手市周辺にいて、
大名にまで発展した小野寺氏です。
仙北小野寺氏の方が、
認知度は高そうです。
 
この仙北小野寺氏は、
慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの際、
上杉景勝に味方したことで所領を失い、
島根県津和野の方へ移ります。
 
 
では、
栃木県の小野寺氏はどうしていたのか。
 
関ヶ原の戦いの頃の小野寺氏は、
勢力を大幅に失っており、
佐竹氏を頼っていました。
佐竹氏は関ヶ原の戦いでは何も行動していません。
どちらにもつかなかったことで佐竹氏は所領を変えられ、
茨城県から秋田県の方へ移り、
小野寺氏も秋田県の方へ。
 
あれ?
 
不思議なことに、
秋田県にいた仙北小野寺氏が島根県の方へ行った後で、
栃木県にいた小野寺氏が秋田県に入るという・・・
全く別々の事柄から、
そんなことが起きていたようで驚きました。
 
 

 


今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
https://tochigi-burg.com/
「小野寺城」
https://tochigi-burg.com/onodera.htm

栃木県
八木岡五郎

八木岡五郎なる人物が「太平記」の中に登場します。八木岡氏の一族と見られる武将で、登場する場面は、巻第 …

栃木県
源実朝と塩谷朝業

鎌倉幕府の3代将軍源実朝が、宇都宮氏の一族である塩谷朝業に梅を贈った話が、『吾妻鏡』にあります。 建 …

栃木県
黄ぶな

かつて宇都宮市で天然痘が流行った時、川で黄色いフナが釣れ、それを食べたら元気になった。 宇都宮市には …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。