鉄火裁判の碑(栃木県下野市小金井)

栃木県

九鬼トシユキです。

大河ドラマ「真田丸」で、
「鉄火起請」なるものが出てきました。

争う者が、
熱い鉄の棒を手に持って、
先にそれを指定の場所まで運べば勝利と。

そういう裁判が行われていたことを知ると、
ただただ恐ろしい印象がありますが、
下野市でも江戸時代初期に行われたことの言い伝えがあり、
その顕彰碑が御子孫によって建立されています。

「鉄火裁判」碑の場所は、
諏訪山公園の西隣。

小金井宿と薬師寺村(+町田村・田中村)の村境争いで、
小金井宿の大越内蔵と田中村の岩上主膳が、
鉄火裁判に臨みました。

『南河内町史』で昔の村絵図を見ると、
「諏訪山」
なる山があります。

なるほど。
「諏訪山公園」の名前は、
その諏訪山の名残なんですね。

ちなみに諏訪山公園には、
恐竜の像がありますよ。
なかなかの迫力です!




今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ

栃木県
上田藩主西郷寿員

江戸時代の壬生町は、壬生藩の他に、2年に満たないわずかばかりの期間ですが、上田藩も存在しました。 上 …

栃木県
戦国時代の芳賀氏まとめ

宇都宮家の重臣である芳賀氏。宇都宮家の歴史を通して、登場する芳賀氏の数は非常に多いです。 私自身、戦 …

栃木県
白旗を賜る紀清両党

宇都宮氏の重臣に、 益子氏と芳賀氏がいます。 益子氏は紀氏出身、 芳賀氏は清原氏出身、 紀氏の「紀」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。