谷中村を訪れる

九鬼トシユキです。

谷中村の跡地を訪れました。
谷中村は、
足尾鉱毒事件で廃村となった村です。

谷中村の跡地が存在していると知ったのは、
去年あたりのことで、
それまでは水の中に沈んだものとばかり思っていました。

最近では、
渡良瀬遊水地の谷中湖が「恋人の聖地」に選ばれています。
谷中湖がハートの形をしているのは、
谷中村が廃村になりながらも残ったからで、
その部分がうまくハートの形を浮かび上がらせました。

谷中村跡は渡良瀬遊水地の内部にあるので、
ある程度の距離を渡良瀬遊水地内部へと入ります。
その道中には開閉門があり、
時間帯によっては中へ入れません。

渡良瀬遊水地の谷中村跡地までの距離といい、
途中にある開閉門といい、
なんだか禁断の地へ足を踏み入れてしまったかのような感じがしたのは、
廃村という認識が先行していたからなのかもしれません。

着いてから、
ヨシ焼きが行われた直後であったことを知ります。
物が焼けた後に見られる独特の茶色っぽさが一面に広がっています。
まるで色がない。
その景色を見ていると、
時が止まってしまったかのように思えてきます。
そう思ったのも廃村という認識が先行していたからなのでしょう。

谷中村跡の中で、
当時の名残を伝えるものがあります。

雷電神社跡で、
この土の盛り上がりこそ当時の名残です。

共同墓地跡も、
かつてここに人が住んでいたことの証と言えましょう。

今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ




栃木県
八木岡五郎

八木岡五郎なる人物が「太平記」の中に登場します。八木岡氏の一族と見られる武将で、登場する場面は、巻第 …

栃木県
源実朝と塩谷朝業

鎌倉幕府の3代将軍源実朝が、宇都宮氏の一族である塩谷朝業に梅を贈った話が、『吾妻鏡』にあります。 建 …

栃木県
黄ぶな

かつて宇都宮市で天然痘が流行った時、川で黄色いフナが釣れ、それを食べたら元気になった。 宇都宮市には …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。