上毛かるたの「れ」

九鬼トシユキです。

栃木県のお隣群馬県には、
郷土のことがたっぷりとつまったかるた、
「上毛かるた」というものがあります。

群馬県人ならば、
誰でも諳じることができるかもしれずで、
よく覚えているなぁと恐れ入ります。

「群馬県立歴史博物館」で開催されていた
「織田信長と上野国」を見に行った際、
私が唯一知ってる上毛かるたの「れ」

「歴史に名高い新田義貞」

このポストカードを売店で購入しました。

新田義貞というと、
群馬県太田市の生品神社にて、
毎年5月8日に「鏑矢祭」が行われています。

1333年5月8日、
新田義貞は鎌倉への出陣に際し、
生品神社で鎌倉の方向へ矢を放ち戦の吉凶を占いました。

その故事にちなんだお祭りが鏑矢祭なわけで、
私はまだ見たことがありません。

来年は見に行きたいなぁと、
毎年のように思いつつ、
気づくと5月8日をいつも過ぎています。

歴史に名高い新田義貞

このポストカードを部屋に飾っていれば、
約10ヶ月ほど先ではありますが、
来年の5月8日の日付は忘れないでしょう!




今日もありがとうございます!

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ

日記
オリンピックチケット

東京オリンピック。 私は7月30日に、トランポリン女子を見に行く予定でしたが、無観客での開催になって …

栃木県
上田藩主西郷寿員

江戸時代の壬生町は、壬生藩の他に、2年に満たないわずかばかりの期間ですが、上田藩も存在しました。 上 …

栃木県
戦国時代の芳賀氏まとめ

宇都宮家の重臣である芳賀氏。宇都宮家の歴史を通して、登場する芳賀氏の数は非常に多いです。 私自身、戦 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。