宇都宮氏9代~15代までの関係図 §273

九鬼トシユキです。

以前の投稿、
「続・宇都宮氏と執権北条氏」にて作った宇都宮氏の系図、
この時は執権北条氏との繋がりに着目したため、
その続きの系図を作ってみました。

今回は9代公綱から15代明綱まで。

12代満綱で宇都宮氏の直系が途絶えます。
13代目になった持綱は武茂氏の出身、
武茂氏は7代景綱の子供が祖となっています。

持綱と満綱の娘との間に生まれたのが14代等綱。
等綱は小山氏の娘を妻として15代目の明綱が誕生。
この小山氏は小山義政の乱によって小山氏滅亡後、
小山氏一族の結城氏が再興した小山氏になります。

続いて、
10代氏綱と婚姻関係にある斯波氏、
11代基綱と婚姻関係にある細川氏は、
両家共に足利氏の一族。
その流れも追記してみました。

また何か作ってみます。

今日もありがとうございます!



「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ

栃木県
栃木県発祥の小野寺氏

栃木県栃木市岩舟町小野寺。 全国の小野寺さん発祥の地はここだ! ということで、 小野寺氏がかつてここ …

栃木県
八木岡五郎

八木岡五郎なる人物が「太平記」の中に登場します。八木岡氏の一族と見られる武将で、登場する場面は、巻第 …

栃木県
源実朝と塩谷朝業

鎌倉幕府の3代将軍源実朝が、宇都宮氏の一族である塩谷朝業に梅を贈った話が、『吾妻鏡』にあります。 建 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。